バンドハウスW邸

W house

居住者が建設組合をつくり、共同で土地を購入し建物を建設して、各住戸はそれぞれが自由な設計とするコーポラティブ・ハウスの計画です。このコーポラティブ・ハウスでは、スケルトン(構造躯体)とインフィル(内装)が明確に分離しているため、水周りの位置も自由に設計でき、住戸の間取りは各居住者の要望に応じてそれぞれがまったく異なる間取りとなっています。またこのスケルトンとインフィルの分離は、将来におけるリフォームのしやすさや資産運用などにおいても魅力的な価値を持っています。
若い夫婦のための住居。来客も多く、将来は子供もつくりたいと思っており、部屋の間取りについては流動的な要素が多かったため、きっちりと分かれた個室をつくるのではなく、部屋的なスペースがゆるやかに連続する住居をデザインしました。キッチン・トイレ・浴室の3つのヴォリュームを空間に配置することで、溜りのある連続した空間を作り出し、生活のシーンに合わせて、いろいろな使い方ができるようなルーズな空間の連鎖を用意しました。

2003年
所在地 :東京都中央区
用途  :集合住宅 
工事種別:新築
構造  :RC造
規模  :地上8F
延床面積:639㎡/193.29坪

WORKS